研究活動支援

大隅良典基礎研究支援

英語名称:Yoshinori Ohsumi Fund for Fundamental Research

概要

大隅良典基礎研究支援は、長期的な視点が必要な基礎研究分野における若手研究者に対して、研究費の支援を行うものです。

大隅良典記念基金と本支援の背景

「大隅良典記念基金」は、大隅良典栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したことを機に、将来の日本を支える優秀な人材を育成するため、経済的支援が必要な学生が本学で学ぶための修学支援並びに長期的な視点が必要な基礎研究分野における若手研究者支援の推進など、研究分野の裾野の拡大を目的として設立するものです。
本支援は大隅栄誉教授が日本の大学の基礎体力が非常に低下していることを心配し、若い人がチャレンジングな課題に取り組める環境整備や次世代を担う研究者の育成支援について要望されたことに基づき、設立されました。

2021年度の募集要項【学内限定】

※2021年度の募集は終了しました。

2020年度の支援採択者

本支援は平成30年に開始し、第3回目の今回は、3名が採択されました。

所属 職名 氏名 研究課題名
理学院
化学系
准教授 小野 公輔 固定化されたボロキシンのルイス酸性
物質理工学院
応用化学系
助教 相馬 拓人 二次元透明超伝導体が示す“重い”電子の解明
地球生命研究所 特任助教 Jia Tony Z ポリエステル微小液滴プロトセルによる原始的な膜不要細胞の起源

支援決定通知書授与式

令和3年3月19日、支援決定通知書授与式が新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、オンラインのビデオ会議システムで行われました。
授与式には、採択者3名と益学長、大隅栄誉教授、渡辺理事・副学長(研究担当)、日置副学長(社会連携担当)、さらに本支援の選考において審査員を務めた桑田副学長、久堀教授(科学技術創成研究院長)、原教授(理事・副学長総括補佐)、大竹教授(科学技術創成研究院副研究院長)、木村教授、丸山研究推進部長らが出席しました。

懇談の時間では、大隅栄誉教授に対して採択者から質問をする場面が見られました。「楽しんで研究をしている印象があるのですが、研究を嫌いになったことがありますか。」という質問に対しては、「うまくいかなかったことはあるが、サイエンスは“自分が思っている通りになることが楽しい”というわけではない。研究のプロセスを楽しめることが大切。」というメッセージが贈られていました。

益学長、大隅栄誉教授、渡辺理事・副学長(研究担当)と採択者 (上段左から)大隅栄誉教授、渡辺理事・副学長(研究担当)、益学長
(前列左から)相馬助教、小野准教授、Jia Tony Z特任助教
スワイプで続きをご確認いただけます
Copyright: Office of Research and Innovation, Tokyo Institute of Technology