研究活動支援

米国エネルギー省の施設利用について

米国エネルギー省傘下の国立研究所の施設User Facilityを外部の研究者が利用する場合、利用者の所属機関と当該国立研究所との協定の締結が求められます。

ブルックヘブン国立研究所、オークリッジ国立研究所及びフェルミ国立加速器研究所の施設について

東京工業大学は米国エネルギー省のブルックヘブン国立研究所(Brookhaven National Laboratory :BNL)、オークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Laboratory :ORNL)及びフェルミ国立加速器研究所(Fermi National Accelerator Laboratory : Fermilab)とそれぞれUser Facility利用の協定(Non-Proprietary User Agreement)を締結しています。

上記の研究所で利用可能な施設及び使用手順の概要は以下のウェブサイト及び添付資料をご参照ください。

この協定に基づく本学教員の施設利用を把握しておく必要があるので、今後、上記研究所の施設利用を許可された教員は、次の事項を下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

  1. 利用を許可された方の所属・役職・氏名
  2. 利用施設名
  3. 利用期間
  4. 利用目的

BNL、ORNLおよびFermilab以外のエネルギー省傘下の国立研究所の施設について

上記研究所以外のエネルギー省傘下の国立研究所の施設の利用を本学教員が必要とする場合、教員に置かれては当該研究所とコンタクトをとっていただき、当該研究所の施設の利用の許可をとっていただきますが、実際の施設の使用にあたっては、本学と当該研究所との間でのUser Facility利用の協定(Non-Proprietary User Agreement)締結が必要となると見込まれますので、研究所の施設利用を許可された教員は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

Copyright: Office of Research and Innovation, Tokyo Institute of Technology