特集詳細

ライセンス可能! 東工大のイチ押し特許技術(材料編)

東工大からライセンス可能な特許技術をご紹介いたします。少しでも興味がある内容がございましたら、何よりも、まずご一報ください。1社でも独占契約されますと、それ以降は、他社とのライセンスの相談は受け付けられませんので、ご了承ください。

No. 発明と一押しポイント 代表発明者
1.
  • アルカリ燃料電池、水電解に用いることができる高耐久性アニオン伝導膜
  • イオン交換基を変更すれば、カチオン伝導膜として機能
2.
  • 非常に安価かつ大量生産が可能
  • 材料合成法の改良による高機能化が期待でき、効率的触媒反応系の構築が可能
3.
  • 液晶状態を利用して、膜の均一性、平坦性に優れた薄膜を容易に作製
  • 東京化成工業より試薬として販売中
4.
  • 東工大が得意とするフェライト薄膜の製造法や組成、結晶構造などを請求項としている特許群
  • 電磁ノイズ抑制体として、優れた特性を発揮
  • 共有者の了解を得ており、様々な企業への実施許諾が可能
5.
  • 4~5種類以上の金属を相分離しないで合金粒子として均一に混ぜることができる世界で始めての技術
  • 希土類・貴金属等の希少元素の代替が期待
  • 未知の物質群の発見、新分野の開拓に結び付く
スワイプで続きをご確認いただけます
Copyright: Office of Research and Innovation, Tokyo Institute of Technology