産学連携

知的財産の取り扱い(学外向け)

東工大の研究者と企業の研究者との共同発明

共同研究では、東工大・企業双方の研究者が発明者となる「共同発明」が生じることがあります。

共同研究でなくとも、研究者同士が話をしている中で思いついたり、MTA・NDAで情報交換した秘密情報を用いた「共同発明」が生じることもあります。

知的財産の種類

独占的実施 非独占的実施(1) 非独占的実施(2) 有償譲渡
出願人(権利者) 東工大+企業 東工大+企業 東工大+企業 企業のみ
出願費用等※1 企業全額負担 企業全額負担 権利持分負担 権利所有者
当該企業の
自己実施時※2
実施料相当※3を東工大に支払う 支払い義務なし 実施料相当※3を東工大に支払う 譲渡対価は、企業と東工大の協議で決定する(注:発明者ではない)
第三者への
実施許諾
企業が決定する 双方、自由に決定できる 双方、自由に決定できる
第三者実施
許諾時の実施料
権利持分で分配 権利持分で分配 権利持分で分配
スワイプで続きをご確認いただけます

独占的実施

東工大が実施者を決める際は、企業の同意が必要です。

非独占的実施(1)・非独占的実施(2)

東工大は、企業の同意なしに、実施者を決められます。

有償譲渡

東工大権利を企業に有償で譲渡します。

共同研究・受託研究での東工大研究者のみの発明

通常は東工大のみが出願人(権利者)となりますが、企業に権利を一部譲渡して共同出願(上表の独占的実施)とすることもあります。

発明から出願までの流れ

発明から出願までの流れ フローチャート
Copyright: Office of Research and Innovation, Tokyo Institute of Technology