産学連携

試料授受契約
MTA:Material Transfer Agreement

共同研究等の研究の連携を始める前に

想定している研究課題に合致しているかを考える際に、本学教員が創出した試料※の特性等を企業内で確認する場合は、本学と企業の間でMTAを締結します。
※試料:契約では“成果有体物”と呼び、化合物だけでなく、デバイス、装置なども、同様に扱います。

本学の教員が創出した試料の提供を希望するときに

本学と企業の間でMTAを締結します。
この際、試料提供の対価をご負担いただくことがあります(契約締結後に請求書をお送りします)。
試料提供の対価の額は、試料作製に必要な原材料費、人件費、光熱水料などを基に、本学教員が算出し提示します。
なお、本学保有の知的財産に関わる試料の場合、事業化の際には、実施許諾契約の締結が必要です。

本学の教員が自己の研究を進めるうえで、企業所有の試料の提供を受けるときに

本学と企業の間でMTAを締結します。

1. 上記の目的で、MTAを締結したい。

2. 試料提供を受ける教員を通して、または直接、東工大 研究・産学連携本部に連絡する。

3. 【教員が創出した試料を企業に提供する場合】

東工大研究・産学連携本部から、MTA(東工大案)を企業に提示し、契約内容について、双方で協議する。

一般的なMTA東工大雛形はこちら(有償提供版
※無償提供の雛形、英語雛形等の用意もございますので、ご入用の場合はお問い合わせください。

【企業から試料を提供いただく場合】

企業からMTA案を提示いただき、契約内容について、双方で協議する。
※本学で案文を用意することもしておりますので、必要な場合はお問い合わせください。

4. 契約書締結

5. 【東工大から試料提供(有償)の場合】

本学から、企業に請求書を送付
→ 企業が支払い(振込)

6. 試料の授受、それを用いた検討・研究の開始

Copyright: Office of Research and Innovation, Tokyo Institute of Technology