産学連携

秘密保持契約
NDA:Non-Disclosure Agreement

共同研究等の研究の連携を始める前に

双方の研究に関する情報を交換して、想定している研究課題に合致しているかを考えるために、必要に応じて本学と企業の間でNDAを締結します。
(その際に、教員が創出した試料※の特性等を企業内で確認する場合は、東工大と企業の間でMTAを締結します。
※試料:契約では“成果有体物”と呼び、化合物だけでなく、デバイス、装置なども、同様に扱います。)

その他、以下の場合などに、NDAを締結します。

  1. 未公開の研究情報を含む情報のやり取りを本学教員と企業の研究者との間で行うとき
  2. 本学保有の未公開特許出願の明細書を開示するとき(有償にさせていただくことがあります)
  3. 企業の研究情報や営業秘密を含む情報のやり取りを本学教員と企業の研究者の間で行うとき

1. 上記の目的で、NDAを締結したい。

2. 話をする教員を通して、または直接、東工大 研究・産学連携本部に連絡する。

3. 東工大から研究・産学連携本部NDA(東工大案)を企業に提示し、契約内容について、双方で協議する。

一般的なNDA東工大雛形はこちら(日本語英語
※3者以上の契約雛形、英語雛形等も用意がございますので、ご入用の場合はお問い合わせください。

4. 契約書締結

5.情報交換開始

Copyright: Office of Research and Innovation, Tokyo Institute of Technology